ぶきっちょさんの共働き入門

2021年夏より家族でアメリカ居住。異国暮らしとキャリア断絶について考える日々

アメリカ生活

【今週のお題】頭に流れるあのメロディー

「ふぁんふぁんふぁん ふぁーーーん・・・」 息子の口から再生されたのは、完璧な音程のあのメロディー。 残念なときや失敗したときに、バラエティやクイズ番組で流れるアレである。 3歳になる息子は、大変保守的な性格だ。 得意なことには素晴らしい集中力…

【今週のお題】日本のおうちに帰りたい

今思い出しても胸がぎゅっとなることがある。 日本から、アメリカの田舎町に越してきて数か月。夏は暑く、冬は極寒となるこの街での暮らしもようやく馴染んできた。 長い長い冬がようやく終わろうとしている4月。アパートのベランダから見える大きな木には…

【育児】テベリとネガメとコンコロコシ

直さなきゃ、直さなきゃ・・と思いながらどうしても直せずにいるものがある。 2歳の息子の「テベリ」と「ネガメ」と「コンコロコシ」だ。なんとも愛しい「テレビ」と「メガネ」と「トウモロコシ」の言い間違いたち。おそらくは期間限定でしか聞くことのでき…

【アメリカ生活】深夜のラッピング騒動

キャラメル、斜め、蝶・・ときいて何を思い浮かべますか? 「お友達の誕生日会」というものに生まれて初めて招かれた。もちろん三十路も過ぎて久しい私が招かれるのは「息子のお友達」の誕生日会なのだけれど、これまで「お誕生日会」に招かれた覚えがない(…

【今週のお題】赤い長靴を買わなくちゃ

生まれてから成人するまで、ずっと比較的暖かい地方で暮らしていたので、11月の初旬に氷点下となるこの国(というか地域ですね)の気候にそれはもう驚き、はしゃいでは主人を苦笑させている。 毎朝のように「見て!車の窓が凍ってる!まだ11月なのに!」だの…

【今週のお題】職業「家内」になりました

10年。 今から10年後というと、2歳の息子はもう12歳になっているころ。かあちゃんかあちゃんと抱っこをせがんでくる息子に「くそばばあ」と罵られている頃だろうか。残念なような、楽しみなような、不思議なきもちになる。10年前の私には、今の自分は想像で…

【絵本紹介】くまさんくまさん なにみてるの?(Brown Bear,Brown Bear,What Do You See?)

アメリカに持ち込んだ日本語の本や アメリカで出会った現地本の紹介です。 www.ehonnavi.net 渡米前、アメリカで絵本といえば「はらぺこあおむし」だろうと思っていましたが、私が住んでいる地域(アメリカ中西部の田舎)の読み聞かせやタイムや幼児教室、プ…

【今週のお題】読書、辞書、読書

自宅の近くに市の図書館があって、週に一回、こども向けの読み聞かせタイム(こちらではLeading Timeと言うらしい)がある。日本にいたころにも数回参加したことがあったが、アメリカに来てからはたっぷりと暇な時間があるので、毎週参加している。はじめは…

【アメリカ生活】TODOリストのない生活

埋めるべきチェックボックスのない日というのは、なんて自由で、なんて心許ないのであろう。マルチタスクというものがどうも苦手で、なにをするにもTODOリストが不可欠だった。 新入社員時代には 「□〇〇さんへのメール返信9:00まで」といった業務に関するこ…

【アメリカ生活】This is「ゴミシュシュシャア」

家族でアメリカに移住して3か月。 私も主人も生粋の日本人。どうせ自宅は「日本」なのだからと油断していたのだが、バスの運転手さんやらスーパーマーケットの店員さんやらテレビのコメディアンやら、随所に登場する「英語」の存在を敏感に感じ取った息子が…

【アメリカ暮らし】趣旨は変わりましたが

カフェの床に映っている自分の影はひとつだけで、このところ毎日びったりと張り付いていた2歳の息子の影はそばにない。 彼は本日はじめて、同年代のこどもたちが通うスクールに出陣しているのだ。お気に入りのリュックサックを背負って、意気揚々とはいかな…